介護保険サービスは、高齢者になれば誰でも利用できるわけではありません。要支援・要介護状態にある「65歳以上の高齢者」もしくは「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、1~3割の自己負担額で利用することができます。

市区町村の窓口に相談して申請し、要支援・要介護認定を受け、担当のケアマネージャーが決まった後、介護事業者と契約してはじめて、サービス開始となります。

「わたしの看護師さん」は、介護保険サービスではありません。介護認定が受けられない方、介護認定がおりるまでの介助が必要な方、介護保険サービスでは対応できない部分を助けて欲しい方などに自費でご利用いただけます。もちろん、介護保険サービスとの併用も可能です。

まずは、ここで介護保険サービスを利用するための申請方法や流れを把握しましょう。

介護利用検討のサイン

要介護認定が決定してからサービス開始までに、約1ヵ月以上かかります。
誰かの手助けが必要だと感じたら、早めに介護認定を受ける準備を始めましょう。

  • 入院した
  • 外出が減り、横になって過ごすことが多くなった
  • 記憶があいまいになることが多くなった
  • 戸締り、薬内服、スケジュール管理、火の元などに不安を感じる

介護保険サービス利用開始までの流れ

介護サービスの相談窓口で相談しましょう

親御様がお住まいの市区町村の介護保険課や地域包括支援センターなどで専門家に相談しましょう。電話で相談することもできます。入院している病院の医療相談室などに相談することも可能です。

初めての介護は、何をどうすればよいか分からず、心と体にストレスがかかります。ひとりで抱え込まず、相談できる相手を作りましょう。

  • 要介護認定には時間がかかります。今すぐに介護が必要な場合は、「わたしの看護師さん」にご相談ください。(自費対応となります。)

要支援・要介護認定を申請しましょう

介護保険サービスを利用するためには、要支援・要介護認定を受ける必要があります。「要支援・要介護認定」とは、支援や介護が必要か、必要であればどの程度のサービスが必要か、を判定します。

市区町村の窓口で、介護保険認定申請書に介護保険被保険者証(ご本人が40~64歳の場合は健康保険証)を添えて手続きしてください。申請にかかる費用負担はありません。

  • 介護保険認定申請書は市区町村のサイトからダウンロードすることもできます。オンライン申請が可能な市区町村もあります。
  • ご本人が申請できない場合は、ご家族が代理申請できます。すでにケアマネージャーが決まっている場合は、代行を依頼することもできます。

介護認定調査を受けましょう

市区町村の調査員が、ご自宅や病院・施設などを訪問し、ご本人やご家族、病棟看護師や施設介護士などから、普段の様子や心身の状態を聞き取り調査します。認定調査の結果と主治医の意見書に基づき、要介護度が判定されます。(主治医の意見書は、市区町村側から主治医に依頼されます。ご本人やご家族側からの依頼手続きは不要で、費用負担もありません。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診断を受けます。)

介護保険被保険者証を確認しましょう

申請日から原則30日以内に、認定結果と介護保険被保険者証が郵送されます。ご本人の住民票に記載されている住所以外で受け取りたい場合は、事前に申請しておきましょう。

認定の有効期限は、新規・区分変更で原則6ヶ月、更新申請で原則12ヶ月です。郵送された介護保険被保険者証には、認定された要介護状態区分だけでなく、認定の有効期間などが記載されています。必ず内容を確認しましょう。

認定結果には、要支援1・2、要介護1~5、非該当(自立)があります。「非該当」と判断された場合は、介護保険サービスを利用することができません。

  • 非該当になっても、ご家族が「介護が必要だ」と判断される場合は、「わたしの看護師さん」にご相談ください。(自費対応となります。)

ケアプランを作成してもらいましょう

要支援1・2と認定されたら、お住まいの地域包括支援センターに「介護予防ケアプラン」を作成してもらいます。

要介護1~5と認定され、在宅でサービスを利用する場合は、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)に連絡し、ケアマネージャー(介護支援専門員)に「介護サービス計画(ケアプラン)」を作成してもらいます。(施設でサービスを利用する場合は、施設のケアマネージャーに作成してもらいます。)

いずれも心身の状態だけでなく、ご本人やご家族の希望、家庭の事情・状態などをしっかり伝え、プランを作成してもらいましょう。ケアプラン作成にかかる費用負担はありません。

介護サービスを利用しましょう

ケアプランにそって、介護サービス事務所と契約し、サービスを利用します。

介護サービス事務所を契約する際は、契約する前に、費用や支払方法、損害保険の有無など、内容をしっかり確認しましょう。契約後に不満などが生じた場合は、直接伝えるよりも、ケアマネージャーに相談するとよいかもしれません。

介護保険が適用されるサービスを使えないことがある?

以下の場合は、介護保険が適用される「介護保険サービス」が利用できません。お手伝いが必要な場合は、「わたしの看護師さん」にご相談ください。(自費対応となります。)

  • 要介護認定において「非該当」と認定された
  • 家族と同居している場合の生活援助(買い物・調理・洗濯・掃除)
  • ケアプランに支援内容が入っていない場合
  • 要介護認定ごとに決められた利用限度を超えた場合
  • 医療行為や受診同行のため、ご本人と一緒に診察室に入ってほしい場合
  • 介護保険サービスの前回利用から2時間以上経過していないが、介護が必要な場合