• 内閣府主催 女性のチャレンジ賞 受賞
  • 安心・安全 看護と介護の融合

ブログ

高齢者を火災から守る。火災リスクを減らす環境づくりと見守る体制

「最近、火を消し忘れて」「お鍋を焦がしてしまって」と親から聞いたことはありませんか?

冬場に多い高齢者の火事。うちの両親は大丈夫だろう…の油断は禁物です。どうして冬場の火事が多いのか、またその対策について紹介していきます。

高齢者に多い火災事故の現状

消防庁によると住宅火災が原因の死者数(放火自殺は除く)は年間約1000人。うち約7割が65歳以上の高齢者で、たばこ、ストーブ、コンロが火事の主な原因になっています。
高齢者は体が不自由な為に避難に時間かかったり、熟睡していて火災に気づかないため逃げ遅れてしまいます。

また高齢者は「新しいリモコンの使い方がわからない」「暖まらない気がする」「電気代より灯油代の方が安い」という理由で電気ヒーターやエアコンを使いたがらす、長年使っている灯油ストーブなどの暖房器具を好みます。

高齢者に火災事故が多いのは、身体的な衰えに加え、火災のリスクが高い灯油ストーブやガスコンロを好んで使っていることにも原因があるといえます。

特に、認知症の方は記憶力や注意力の低下により、火の消し忘れや危ないから注意しようという判断が難しくなります。鍋に火をかけたままでかけたり、服の袖に火が燃え移ったりなど、大きな事故につながる危険性があります。認知の症状が軽くても注意が必要です。

火災事故の対策

火災から高齢者を守るポイントとして次の3点が大切です。

1.火災のリスクとなるものをなくす
2.万が一火災が発生しても拡大させない
3.逃げ遅れない為にいち早く火災を知る

2006年の法律により「住宅用火災警報器」の設置が義務化されました。火災警報機を設置しているにも関わらず、電池切れに気づかずそのまま放置していないでしょうか?本体は約10年で交換が目安。火災警報機はいち早く火災の危険を察知してくれるため、遠距離介護をしている場合は帰省の際に、動作確認をしてみてください。

消防庁では、「いのちを守る7つのポイント‐3つの習慣、4つの対策」を呼びかけています。

<3つの習慣>
・寝たばこは、絶対にやめる。
・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
・ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

<4つの対策>
・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

火災から高齢者を守る環境づくり

上記のポイントをおさえながら家の中を点検することで、火事のリスクを減らすことができます。「親の介護が必要になってきた」「遠距離に住んでいるので心配だ」という方は、「火災が起こりづらい環境づくり」が火事のリスクを減らしてくれます。

・火がでるガスコンロは服の袖やエプロンに燃え移ったり、消し忘れたりなど火事のリスクが高まるので、自動で消火するセンサー付きタイプや、IHクッキングヒーターに替える。

・暖房器具は火事のリスクが低い、エアコン、オイルヒーター、パネルヒーター、ホットカーペットに替える。

・カーテンやカーペット、衣類などの繊維製品は防炎品に替える。

・仏壇のろうそくや線香は倒してしまったり、消し忘れて火事になるリスクがあるため火をつかわないものへ替える。

・火災警報器を設置し定期的に本体・電池の交換をする。他の部屋で火事が起きた時、連動して別の部屋の警報器がなるものや、屋外に知らせるようなものを取り入れる。

ですが、高齢者にとって環境の変化や習慣を変えるのは難しいことです。
「わたしの看護婦さん」をご利用されているあるご家族が、火事になってケガやご近所に迷惑をかけないよう心配をし、ストーブやガスコンロを使わないよう勧めても、ご高齢の利用者さまの中には、電気代より灯油代の方が安いからといって灯油ストーブを替えない方がいらっしゃいました。

認知症もあり火事のリスクが高いから撤去させてほしいとお願いしても、頑なに断られます。

しかし火事になってからでは遅いのでなんとか説得し、灯油ストーブと灯油をすべて撤去し、エアコンに切り替えることにしました。認知症によりエアコンのリモコン操作がわからないため、その方の生活習慣にあわせてON・OFFのタイマーを設定。リモコンは触れないところへ置き、訪問介護、ケアマネ、ご近所さん、「わたしの看護婦さん」スタッフとでエアコンが動いているか確認する環境をつくりました。

最後に

高齢者にとって今までの生活を変えることは難しく、ご家族、ご近所さんの協力が必要不可欠です。

まず火災を起こす原因となるものをできるだけ生活の中から遠ざけ、万が一火災が発生しても拡大させない環境をつくり火災の予防・対策をとりましょう。
また高齢者の場合はいったん火災が起きると、とっさに消したり逃げ出したりすることが困難ということを認識し、すばやく避難できるよう隣近所との協力体制を作っておくことが大切です。

「わたしの看護婦さん」は各地に拠点があります。
東京・伊豆・愛知・岐阜・大阪・鳥取・島根・広島など
お気軽にお問合せください。

「介護に関するお役立ち情報」随時更新しています。フォロー、いいねお願いします。
Facebook
 https://www.facebook.com/kangofusan
Twitter
  https://twitter.com/watashi_kangofu
Instagram
 https://www.instagram.com/watakanofficial