• 内閣府主催 女性のチャレンジ賞 受賞
  • 安心・安全 看護と介護の融合

ブログ

顧客満足度調査①

 

今日は東京からご利用者様のご家族が帰省されましたので、
ご要望を伺いつつも、色々とアドバイスをいただきました。

弊社のサービスはご家族から介護を取り上げるものではなく、
不足するものを補ったり、負担のない介護を共に作り上げるものだと思っています。
このようにご家族と関われることは、サービスの質を向上させることができて嬉しく思います。

① 高齢者のあるある片付け問題

高齢者(戦前~戦後生まれ)の特性として、物資が不足した時代を生き抜いた方々ですから、
モノを大事に保管される習性があります。
また、認知機能が低下すると、不安な気持ちでいっぱいになり、モノを身の回りに置いておきたい。
外出時は外気が熱くても一枚多めに服を着ておきたいなどの行動が出ると言われています。

私たちのようにモノが溢れてきた時代に育ったり、生活をするようになれば、
鉛筆の長さが短いものや、百貨店の紙袋、お惣菜トレーなど惜しまずに捨てる傾向にあります。

よって、「高齢者は片づけができない」 「なんでモノを捨てることができないの!!!」と、
若者世代の介護士やご家族が良かれと思って高齢者に声掛けをしても、売れ入れてもらうことは非常に難しいです。

 

高齢者の身に危険が及ばないことであれば、
私たちが「高齢者はこういうものなんだ」と割り切って付き合うことも大事ですね。

次回訪問時に一緒に書類や衣類整理をしてきますね・・・・。

 

②弊社の新システムについて

ご家族に利用状況報告を新システムにて行っています。
デザインや使い勝手、利用者目線の感想を伝えてくださいます。
なんと!!!
この度は東京湯島の神田明神のお守りを届けてくださいました。

看護介護業界の者はITに不得手ですが、
個人情報保護が求められている今、言い訳にするわけにはなりません。
事業が成功するようにと心からのエールを頂きました。
感謝感激です☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#遠距離介護 #見守り #片付け #顧客満足度