• 内閣府主催 女性のチャレンジ賞 受賞
  • 安心・安全 看護と介護の融合

ブログ

老後の2000万円問題

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告がニュースになり、
「2000万が、2000万が」と一人歩きをしています。

先日、「老後に2000万かかるらしいが、到底足りそうにない」という話をされる人に会いました。

確かに金融庁は「2000万」とは言っていましたが、
これは普通の生活をする費用の他に
「老後の生活費が2000万円不足する」という意味、年金に上乗せ2000万円が必要ということです。

なかなか金融庁の説明も、難しいですね・・・・。

———–

金融庁の報告書の老後2000万円不足の根拠は以下のとおりです。

  • 夫65歳、妻60歳の時点で夫婦ともに無職。
  • 30年後(夫95歳、妻90歳)まで夫婦ともに健在。
  • その間の家計収支がずっと毎月5.5万円の赤字。(2017年のデータ)

 

 

 

 

【出所】総務省「家計調査」(2017年)における高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の平均。

 

月5.5万円 × 12か月 × 30年 = 1980万円
やはり、2000万円を年金以外で用意しておく必要がありました。

———–

年齢を重ねるごとに再就職は難しくなり、年金以外の収入もなくなります。
そこで、収入が限られているのならば、支出を抑えることを考えてみたいと思います。

 

支出を抑えるなら、コレ!!!◆

総務省「家計調査」をもとに考えました。

①「交際費を含むその他の消費」
消費支出の24万のうち、一番多くを占めています。
内訳が定かになっていませんが、この切り詰めは必須です。
生命保険の契約内容を吟味し、本当に余生に必要なものか見直しが必要だと考えます。

②「食料」
健康を維持するためには必要な経費です。
現役世代と比較して、割合が多めと言われていますが、
それは他にかかる費用が少ないから、食料費の割合が多くなるということも言えます。
では、現場から見る高齢者の食生活を見ますと、
消費期限切れの食材が冷蔵庫を埋め尽くしていることは珍しくありません。
ヘルパーたちが冷蔵庫の整理をお手伝いすると、廃棄処分する食料が山のように出てくることがあります。

理由1.買い物に行くことが不便だから、一度に買いだめをしてしまう。

理由2.認知症が入り、同じものしか買えなくなる。収集したくなる。

以上の解決策として、介護サービスが必要な状況であれば、ヘルパーに冷蔵庫の整理や買い物を手伝ってもらうことをお勧めします。
そうすることで、過剰な食料廃棄を防ぐことができ、支出を抑制できます。

③「交通・通信費」
運転免許証返納をすることで、タクシー代やバス代の割引利用を受けられる自治体があります。
また、航空券もシルバー料金で搭乗することができます。
電話も日ごろは携帯電話しか使っていないということでしたら、固定電話の解約も検討をお勧めします。

④医療費を抑える
日ごろからバランスの良い食事、運動を続ける。働き続けることで規則正しく、刺激ある生活をおくることで、
健康を維持することができます。健康寿命を延ばしていきたいですね。
「高額療養費制度」というしくみもあります。
制度を上手に活用してみましょう。

⑤住宅費用を抑える
自宅がありながら、高齢者施設に入居される方がいらっしゃいます。
自宅の維持費に高齢者施設家賃を支払い続けることで支出がかさみます。
自宅に訪問してもらうサービス(訪問介護・訪問看護・訪問診療・宅配弁当)と、見守りカメラなどを活用されると、
安心した生活をご自宅で続けることが可能になります。

 

生活の質を落とさないために、
無駄な支出を見直すことが大事です。
世の中の制度やサービスを上手に活用し、
健康寿命を延ばすための体力づくりや社会活動を考えることで、
「老後の2000万円問題」を解決できると信じています。

「わたしの看護婦さん」は
住みたいところにいつまでもを応援しています。

病院受診や外出に付添えないご家族、
買い物に付合えないご家族のために、
#病院受診付き添い、
#外出付き添い、
#買い物代行
などのサービスをご用意しています。

総合窓口 0859-30-4856

#わたしの看護婦さん東京
#わたしの看護婦さん横浜
#わたしの看護婦さん伊豆
#わたしの看護婦さん名古屋
#わたしの看護婦さん大阪
#わたしの看護婦さん鳥取
#わたしの看護婦さん広島

 

#2000万円問題

#老後資金不足