• 内閣府主催 女性のチャレンジ賞 受賞
  • 安心・安全 看護と介護の融合

ブログ

小児が入院すると・・・。


昨夜も緊急依頼の問い合わせが病気のお子さんを抱えるママよりありました。

「明日から下の子が入院になるので、上の子(保育園児)の面倒を誰かに見てほしい」とのご依頼。

米子市内の病院は小児が入院する場合、保護者が24時間付添いをしなければならないルールなんですよね・・・。

そうなると、保護者が仕事を休まなくてはならなかったり、家に残される家族にも不安や負担が生じるのですよね。だから、ギリギリまで入院をガマンされるケースもあると小児科医さんより相談を受けたこともあります

色々検討した結果は・・・、

上のお子さんのシッターをするのではなくて、入院されるお子さんの付添いを夕方の時間帯だけさせて頂くということ・・・。

つまり、上のお子さんのお迎えと入浴と夕食はママと一緒にご自宅で済ませてもらい、その間は保育スタッフが入院中の下のお子さんの見守りをするということなんですよね。

どちらにしてもママもお風呂に入りたいでしょうし、上のお子さんの情緒のことも考慮しなければならない・・・。

小児の入院って、家族全体の大事件。 本当に大変なんですよ。
日頃からの体調管理も大事ですが、保護者が安心してお子さんの入院に寄り添える社会になって欲しいと願っています。

少しでもご家族に笑顔が戻りますようにと願って・・・、まごころを込めたサービスを今日も提供したいと思います。

  N.K.Cナーシング コア コーポレーション

  わたしの看護婦さん

  http://nkc.jp.net
0859-30-4856

—–