わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

私の看護婦さんスタッフ座談会 5人のスタッフに「仕事をプライベートとの両立」をテーマに話を聞きました

私の看護婦さんスタッフ座談会 5人のスタッフに「仕事をプライベートとの両立」をテーマに話を聞きました

ひめさん

ひめさん

看護師。総合病院やクリニックで従事。医療知識を織り交ぜたワンランク上の見守りを得意とする。育児と家事と仕事のバランスを取りながら、資格や経験を活かした勤務をしている。

じゅんちゃん

じゅんちゃん

看護師。総合病院や児童対応の勤務経験があるため、マルチに利用者の対応が可能。育児と家事と仕事のバランスを取りながら、資格や経験を活かした勤務をしている。

こずえさん

こずえさん

美容師として従事後、しばらく子育てに専念していたため、専業主婦歴が長い。美容師の経験を活かしながら、利用者様の整容のお手伝いを得意とする。

やえちゃん

やえちゃん

ケアマネージャーとして長年従事した経験があり、介護保険についての相談を得意とする。

かよさん

かよさん

長年訪問介護事業に従事し、高齢者の好みに合わせた家事のお手伝いを得意とする。

私の看護婦さんでのお仕事を始めたきっかけは?

ひめさん

ひめさん

子どもが小学生になり、子どもの留守中に少しの時間なら仕事ができると思いました。ただ、一般のクリニックだと子育て中のママのスケジュールと合わない事もあり、学校行事に合わせて勤務できるという魅力にひかれて入社しました。

じゅんちゃん

じゅんちゃん

私は幼稚園児を2人抱えていたので働くことを諦め、空いている時間に趣味のことなどをして過ごしていました。だけど、せっかく資格も持っていることですし、将来のことを考えたら、働いて社会貢献をした方が良いと思ったんです。それに、学校から帰ってきた子どもたち、仕事から帰ってくる主人のために今まで通りの生活を守りたいと考えていたので、家事、育児を両立できそうだなと思って入社しました。

こずえさん

こずえさん

子どもが大きくなるまで積極的に働いていなかったのです。「今更社会復帰できるのか?」と心配で、代表の面談を受けたのです。そこで、「今からでも遅くない。資格を持った方が良い」と言われ、介護士の資格を取得しました。現在少しずつ勤務時間を増やしているところです。当初持っていた不安は消えましたね。

やえちゃん

やえちゃん

長年、色んなお宅を訪問し、入浴や家事の手伝いをしてきました。年も重ね、定年退職をしたのですが、せっかく介護士としての資格も持っているし、まだまだ元気だから、困っている人のお手伝いをしたいという思いがありました。代表から「一緒に働きませんか?」とお誘いがあり、躊躇うことなく入社しました。新しいことを覚えることは本当に楽しいです。自分も活性化されています。

かよさん

かよさん

今まで長い間フルタイムで働き、仕事と家事、育児、家族の介護となんとか両立してやって来ましたが、体力的にも時間的にも難しくなりました。「これからは家族の事、自分の事を優先に、余力を持って働きたい。」そう思い始めた時、「自分が働ける時間に自分が働きたいだけ働く事が出来る。経験も活かせる。」そんな魅力的な職場に出会えたと思っています。

このお仕事の楽しさって、何ですか?

かよさん

かよさん

介護保険を使うサービスですと、「あれはダメ、これはできない」と利用者様の要求に応えられないことが多く、お断りすることが心苦しいこともありました。「わたしの看護婦さん」のサービスなら、お盆の提灯飾りつけやお団子作りのお手伝いができるんですもの。ポストに手紙を投函することだって代わりにすることができます。当たり前に起こる欲求を満たすお手伝いができて感謝されることは、やりがいと面白さを感じます。

わたしの看護婦さんの仲間について教えてください

ひめさん

ひめさん

看護師からみると、介護士の調理の手際よさに驚きですね。ケアマネージャーは介護保険についてプロフェッショナルだし、地元の施設の事情も詳しい。看護師、介護士、ケアマネージャーなど、資格を持った者がいろんな視点で利用者様に関わり、アドバイスをもらいながらチームでケアできますね。職種を越えて仲が良いですよ。スタッフの年齢も30~70代と幅が広いので、「困った時はお互いさま」と、お互いの境遇が分かりあえると思っています。子育て相談や人生の先輩となる仲間に恵まれています。

こずえさん

こずえさん

終末期をご自宅で過ごされる方の訪問はいつも以上に慎重になります。でも、看護師から病状説明や今後起こりうるリスク、困ったらSOSを出すタイミングも教えてくれる。安心して働くことができるチームですね。

仕事と家事・育児・介護の両立、どうやっていますか?

じゅんちゃん

じゅんちゃん

子どもが体調悪いときや夏休みは勤務調整をしてもらいます。チームで働いている意識もあるので、自分も子どもの健康もしっかり管理しなくては!!という思いがあります。夕方、子どもたちが習い事に言っている間に買い物をしたり、家事をすることで、家族も私自身も今まで通りの生活ができています。家庭のこととバランスがとれる職場環境に感謝しています。

かよさん

かよさん

親が受診する日や孫の世話をしなくてはいけない時はお休みしたり、半日勤務にしています。良い娘、良いおばやちゃんができていますよ。お互いが、お互いの困っているところをカバーし合い、シフトを調整していきます。だから仕事と生活が両立しやすくなっているのだと思います。

わたしの看護婦さんで働いて良かったと思うことは?

ひめさん

ひめさん

スタッフ皆が、互いに助け合って働こうという意識があって、休暇が取りやすいですね。子育てとの両立がしやすいので、働いて良かったと思います。

じゅんちゃん

じゅんちゃん

仕事をしているからこそ、思い切って自分のために使うお金があることもモチベーションアップに繋がっています。

こずえさん

こずえさん

心に余裕を持って利用者様に訪問出来るように、スタッフへのフォローがしっかりしているので働きやすいところです。

やえちゃん

やえちゃん

まだまだ自分を必要として待っててくれる人がいると感じる時、自分自身が元気であり続けたいなと前向きな気持ちになって生活ができます。主治医からも「こんな年齢まで元気に働いている人は滅多にいないよ。いつも若いね!ハツラツとしてるよ」と褒められます。仕事を続けられることに嬉しさを感じますね。

かよさん

かよさん

たくさんの新しい出会いがあることと、自分の時間を大切にしながら、働きたい分だけ働くことができることですね。

採用窓口 Recruit

採用窓口 Recruit

お電話からのお問い合わせ
メールフォームから登録

ページ上部へ