わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

育児をする喜びや負担はみんなで分かち合おう!!

Category 病院付き添いサービス Date 2015年01月09日

1/14~鳥取県全域でインフルエンザ警報が出ております。

今年はA香港型。喉の痛み、続いて関節痛の症状が多いようで、例年に珍しく大人の方が罹患率は高いようです。

先日はある総合病院に入院の男の子の見守りに行ってまいりました。

地域によって違うのかもしれませんが、こちら米子市の病院は小児入院に際して保護者の付添いが24時間必要なのです。だから、入院をギリギリまで躊躇されるご家庭もあると小児科医から聞いたことがあります。

おうちの方、ご親戚の方の協力がないと入院ができませんよね~。

他県出身のご家族ですと、ご親戚に簡単に入院付添いをお願いすることはほぼ難しい状況です。

今回の男の子のご家族はと言いますと~、大事な大事な結婚式と言うイベントにご出席されていたのです。お子さんを見守るか、結婚式にご出席されるか苦渋の決断だったと思います。

でもね、私は思うのです。 私たちが付き添うことで、少しでも不安が和らげた状態でお出かけされて良かったと・・・。

子どもは待ったなしで病気をします。そして、看病するのは当たり前のように母親だと言われる。

女性の社会進出を国が求めているのであれば、父でも祖父でも祖母でも伯母でも、みんなが育児や介護に参加しなければならないと思うのです。それが難しければ、地域が支えあわなければならないと。

私自身が親せきがいない地域で2人の子育てをし、介護も経験したから言えることです。

育児の楽しみも喜びも負担になることも、みんなで分け合わないとね。

育児で簡単に協力が獲られずお困りの方、先ずはご相談ください♪

「わたしの看護婦さん」 http://nkc.jp.net

—–

かんべ たかこ

  • N.K.Cナーシング コア コーポレーション合同会社 代表
  • NPO法人 ライセンスワーク 代表
  • 看護師・ケアマネージャー

ページ上部へ