わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

結婚式にもご一緒します

Category わたしの看護婦さん Date 2015年04月08日


4月に入り、ブライダルシーズン到来ですね。

人生において大切なイベント・・・。

皆さんはご自分の結婚式に大切な人を招かれたと思います。

もし、出席してほしい大切な人が病気だったり、ご高齢で自由に移動がしづらい時はどうされますか。

今回は結婚式に「わたしの看護婦さん」の看護スタッフがサポートさせて頂くという話です。

ご利用されたA様は末期ガンで、歩くのもやっと、長時間座っているのもお辛い状況でした。

それでも、息子の結婚式には参加したい。


だけど、家族の手を煩わせたくない・・・。

いろんな想いを胸に、式の出席を最後まで悩んでいらっしゃいました。

そんな中、緩和病棟の看護師さんに相談されたそうです。「少しの時間でもお祝いに駆けつけたい・・・」と。

主治医の先生からの外出許可も獲られ、ご家族を交えて、緊急時に直ぐに対応できるような体制をとりましょうと打ち合わせをしました。

いざ、式場へ・・・。

当日は福祉タクシーと車イスを手配し、病院から式場までご一緒に移動。

礼服へお着替えになるお手伝い、お手洗いの見守りをいたしました。

そして、ご家族揃っての記念撮影。

ご出発される時には不安げでいらっしゃったのに、優しく微笑まれた表情になられて・・・、

Aさんを本当にお連れして良かったと、撮影風景がにじんで見えるほど感動しました。

それから、本番の結婚式。

お疲れも出られて、挙式の途中で退席なさいましたが、新郎新婦の晴れ姿を静かに、そして目にしっかりと焼き付けるように見守っていらっしゃいました。

ご利用されたA様、そしてA様の奥様から、ご感想を頂きました。

~A様~

結婚式場で体調が悪くなって家族に迷惑をかけないか、

そんなことばかり考えていましたが、

「わたしの看護婦さん」のサービスを利用することになり、

不安が和らぎました。 

思い出作りに付き合ってもらえて、本当に良かったです。


~A様の奥様~

夫にはどうしても出席してもらいたかったのですが、

体調の不安や、式の最中に常に付き添えないと思っていたので

困っていました。
それでも、打ち合わせをしたら「大丈夫だ」と思えました。
大きなお守りが傍にあるような感じでしたね。助かりました。


A様のご家族がいつまでもお幸せでいらっしゃること、

そして、

A様が苦しみが少なくお過ごしくださることを、

心からお祈りいたします。

「わたしの看護婦さん」では、

利用者様の体調に合わせた外出にもお付添いいたします。

お電話、もしくはWEBより、お気軽にお問い合わせください。

<サービスエリア>

鳥取県西部~島根県東部 (米子・境港・大山・安来・松江・・・)

<サービス内容>

病院・入院・外出付添い
看護師パトロール
病児シッター

<お問い合わせ先>

N.K.C ナーシング コア コーポレーション

わたしの看護婦さん
電 話 0859-30-4856

メール info@nkc.jp.net

H P http://nkc.jp.net

—–

かんべ たかこ

  • N.K.Cナーシング コア コーポレーション合同会社 代表
  • NPO法人 ライセンスワーク 代表
  • 看護師・ケアマネージャー

ページ上部へ