わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

父の日

Category わたしの看護婦さん Date 2018年06月20日

 

自宅へ数年ぶりの外出

 

ただいま、我が家
ただいま、米子

 

県外の病院で療養中の方と一緒に米子のご自宅へ、
外出に付添っています。

同じ天井を眺めるなら、自宅の天井を眺めていたい。

同じ換気をするなら、自宅の庭からの風を取込みたい。

 

今日は外出日和。
そして父の日。

 

重症疾患でも、
主治医の許可とご家族が外出させてあげたいというお気持ちと準備があれば、
「わたしの看護婦さん」は外出のお手伝いをいたします。

 

入院先の看護師さんと連携を取りながら、
好きな場所で過ごすひと時が安全に提供できたこと。

 

ご本人やご家族の満足感をえられたこと。

 

サービスする私たちも「実現できて良かった」と、感動をいただいた数時間でした。

 

最高の父の日の演出。

 

お子様、お孫さんに囲まれて、
闘病意欲も湧いてこられたことと思います。

 

また、次の外出を目標に治療を受けていただきたいと願っています。。

 

 

 

 

お一人の病院受診→専門家に付添って欲しい
高齢者だけを留守番にさせての旅行→誰かに見守ってもらいながら、温かいごはんを作って欲しい

「わたしの看護婦さん」は
「届けたい介護」「受けたい介護」を創造する企業です。

ふと、「困ったな」と思った時、
私たちを呼んでください。

0859-30-4856

 

 

◇◇◇◇◇

以下、医療保険外(医師の指示書が無い場合も含む)における看護師のサービスについて記したいと思います。

看護師は国家資格と経験があれば、点滴、採血、インシュリン注射、吸引をすることは容易です。
しかし、それは医師の指示があり、管理下にあってのこと。

突発的な生命を脅かすほどの緊急事態ではない限り、率先して医療行為をすることは違法とされています。

今回の外出についても、ご家族の吸引技術の習得があって実現できたのです。

看護師はご家族の医療行為に寄り添い、アドバイスや緊急事態の支援をすることは可能です。

 

 

 

ページ上部へ