わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

思考錯誤~食欲不振~

Category わたしの看護婦さん Date 2016年07月11日

身体を張ってのランチミーティング。

夏になり、食欲が落ちる方が多いのは当たり前のことだが、

利用者様の中に、食欲が低下され食べ物が喉を通らない方が数名いらっしゃる。

どうしたものか。

糖尿病があったり、高血圧であったり、脳梗塞の既往歴があったり、

ガンと診断されていたり・・・。

水分やバランスの良い食事が身体の中に入ってこないだけで、

血糖値のバランスが崩れる。

脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が高まる。

一過性の認知症を起こす。

貧血などの症状を起こす。

単なる夏バテとして済まされない。

介護福祉用具の業者から、介護食品のサンプルがいくつも届いた。

すすめたい利用者様の好みを想像しながら、スタッフミーティング。

「これ、意外に美味しいですね~」

「これ、グルメな〇〇様のお口には合わないかも」

「いかにも介護食品って感じがして、私はダメだわ~」

「どんな風にすすめて、どんなタイミングで召し上がって頂いたらいいのかな」

「補助食品という問題じゃなくて、食べる時に誰かが傍にいて
一緒に食べたらその気になってくださるのかも」

「精神的なリズムが下がっているのだから、強引にすすめることは難しいのかも。
内服薬と点滴で対処療法を実施してもらう方が安全よね」

「夏バテじゃなくて、ガンが進行して消化器そのものがうけつけないのかも」

「去年も夏に食欲が落ちたと言う話でしたよね。今年もその時が来たのかしら」

看護師と介護士が共に意見を出し合って、ケアのカタチを作り上げていく。

この夏を可能な限り健康に、好きな場所で過ごして頂くことがN.K.Cのテーマ。

夏本番はこれから、日々のミーティングは続く・・・。

—–

ページ上部へ