わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

クラウドファンディング挑戦しています

Category わたしの看護婦さん Date 2016年09月01日
クラウドファンディングに挑戦中です!!

遠距離介護や介護しながら働く方の負担を軽減する、
新しいカタチの親孝行サービス 「わたしの看護婦さん」

地方出身の若者が、進学や就職のために都会へ出ていきます。

若者たちが都会で生活の基盤を築き上げた頃、故郷を振り返ると、

年老いた親たちが孤独に暮らしています。

いざという時、若者たちはとんで帰ることができず・・・。

そんなもどかしさを解消するため、

私たち医療介護の専門家がお手伝いいたします。

介護離職を防ぐためにも「わたしの看護婦さん」というサービスを、

多くの方に知っていただきたい。

遠距離介護でお困りの方、どうか私たちを頼ってください。

~ほとんどの方がこのサービスをご存じありません~

周知されていないということは、介護で困っているご家庭、

生活に不安のある高齢者世帯などの力になる以前の問題なのです。

そこで、現在のホームページをよりわかりやすく、

求めている方へ届きやすいページにするための修正をしようと思います。

その資金調達として『クラウドファンディング』への挑戦を決意しました。

「わたしの看護婦さん」周知のため、

ホームページ修正費用の一部をご支援いただけませんか?

10月18日23時までの限定期間です。

わずかですが、御礼も準備しております。よろしくお願いいたします。

◆インターネットからのご支援◆
①Webにて『レディフォー』にアクセスし「アカウント登録」を済ませ、
手続きを開始してください。

https://readyfor.jp/projects/watashino-kangofusan

クラウドファンディングに挑戦中

◆ご支援方法◆
クレジットカード・現金

◆問い合わせ先◆
N.K.Cナーシング コア コーポレーション合同会社
0859―30―4856

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて資金を集める仕組みのことです。

私たちが挑戦している内容は、48日の募集期間内に共感してくださった方からの

支援金が目標金額の50万に達した場合のみ、プロジェクトが成立したものです。

目標金額に1円でも満たない場合は、支援者に全額返金されます。

これは不十分な資金ではプロジェクトが実行できないばかりか、

協力いただいた方への御礼すらできないからです。つまり、

私が挑戦している資金調達は、単なる寄付ではありません。

どうか私に力を貸してください。

私が細々と行っている新しいカタチの『親孝行』サービスを、

すべての方が身近で受けることができる将来を想像してみてください。

とても安心できる日本が見えてきませんか?

—–

かんべ たかこ

  • N.K.Cナーシング コア コーポレーション合同会社 代表
  • NPO法人 ライセンスワーク 代表
  • 看護師・ケアマネージャー

ページ上部へ