わたしの看護婦さん

わたしの看護婦さん

医療・福祉の専門知識と家庭経験で支援する、中国地方初の介護保険適用外サービスです。

ブログ blog

うちのスタッフ①

Category メディカルヘルパーステーション Date 2016年02月28日
うちのスタッフを紹介します♪

弊社は2つの事業

☆「わたしの看護婦さん」 保険に関係ないので自由気ままに使えるサービス
☆「メディカルヘルパーステーション」 介護保険を利用したお得なサービス

があります。

どちらにも顔を出しているマルチスタッフもいれば、
介護のプロフェッショナルな厳選スタッフもいます。

今日は主に「メディカルヘルパーステーション」で活躍している
私の太陽「Y主任」について紹介します。

彼女は数十年介護福祉現場で働いた経験の持ち主。
私と出会ったのは、10年ほど前。
彼女が上司(主任)で、私は部下(ペーペー)でした。

その頃、私は育児と介護に明け暮れ、
ぼやきをY主任に聞いてもらっていた仲でした。

それから私は部署が変わり、Y主任は退職して年賀状の仲だけになっていたのですが・・・。

私が起業準備を始めスタッフ採用について悩んでいる頃、Y主任のような方を迎えたい・・・。
そう願っているところに、街中のスーパーでばったり再会。
ダメ元で声を掛けてみました。

私→「主任さ~ん、ご無沙汰しています。
   私、保険を使わない事業を立ち上げたいんです。
   あの当時と状況はまったく変わらず、介護保険だけでは救われなくて、
   困っている人が多いんです。
   どうか手伝ってもらえないでしょうか。」

Y主任→「私も介護保険ではどうすることもできないと悩んでいる人を多く見てきたしこで、
     面白れいじゃね~か。
     なんぼでも手伝おう。
     今、灯油を買いに来たところじゃけ、また今度。」

なんとも、即答でOK返事。
願えば叶うものですね。
口に出せば叶うものですね。

各所にパンフを持って挨拶回りをする時に度々言われること。
「よくYさんを呼んでこれたわね~。すごい人なのよ。
 こき使っちゃダメよ。」と。

そうなんです。
Y主任は顔が広いし、人柄も良いので、この業界では有名人なのです。
しかも、御年○○歳ですから、釘を刺されるわけですよ。大事にしなさいと。

Y主任のすばらしさ☆
①人脈の広さ
②入浴介助や更衣介助のうまさ
③人の名前などの記憶力
④指導力

サービス立ち上げ当初より、現場教育やスタッフのメンタル面のサポートをしてくれます。
たまに夕飯の差し入れも。

私の名誉の為にあえて触れますが、
私だって夕飯は作りますよ。
でも、だれもが私が台所に立つ姿が想像つかないと言いながら、色々届けてくれるのです(笑)

まぁ、いっか。
そう見られたら、見られたで、美味しい一品が届くのですから♪

今度、家事援助の中で「調理」のオーダーが入りましたら、
真っ先にY主任をお届けしますね。

いや~、他にもいましたわ。
料理もパン焼きもお裁縫も得意なナースが。

次回は、このナースについて書きたいと思います。

    

—–

ページ上部へ